ningen-isu

江戸川乱歩にハマりつつあります。『ビブリア古書堂の事件手帖』を読んで興味を持ち、最初に読んだのが『二銭銅貨』。思ったよりずっと読みやすい文章と、巧妙なトリックに驚きました。

それから『人間椅子』を読んで、不気味さと面白さと変態さに衝撃を受けました!この作品で更に江戸川乱歩に興味を持ち、『D坂の殺人事件』(明智小五郎が登場)も読んだ。

今回読んだ『人間椅子』は、江戸川乱歩ベストセレクションなので他にもいくつか短編が収録されています。

収録作品
  • 人間椅子
  • 目羅博士の不思議な犯罪
  • 断崖
  • 妻に失恋した男
  • お勢登場
  • 二癈人
  • 鏡地獄
  • 押絵と旅する男
おすすめは『断崖』と『二癈人』。ゾクッとします!『鏡地獄』は『人間椅子』に通じるところがあるかも(登場人物の変態さが)。『押絵と旅する男』も『ビブリア古書堂の事件手帖』で取り上げられていた作品です。なんとも言えない不思議な話でした。

この短編集を読んで、江戸川乱歩は執着心を描くのがうまいなと思いました。登場人物の変態さが面白いのも、文章からにじみ出る心理描写によるものだと思います。

また、文章が丁寧なので、どの作品も難しくなくて読みやすい。どこかで見たようなトリックがいろいろ出てきますが、後世の作家さんが江戸川乱歩の影響を受けているのかなーと思うと、改めてその凄さを感じられます。

この後は『怪人二十面相』『少年探偵団』を読んでいくつもり。